初期の癌は治療できる|定期検診・早期発見の大切さ

がん細胞を倒す

看護師

がん細胞に直接

樹状細胞を直接がん細胞の中に注入してがん細胞を倒してしまう、樹状細胞療法の一つである樹状細胞腫瘍内注入療法が、がん抗原を使わない治療法として注目を浴びています。これをDCI療法と呼んでいます。この治療方法は樹状細胞療法の一つですが、樹状細胞が確実にがんを自らに取り込むまでに、何回か繰り返して行う必要があるとされています。またがん細胞に直接、樹状細胞を注入する治療法になるためにがんが発生している場所によっては、この治療方法が使用できない場所も出てきます。また樹状細胞は時期によってその働きが異なってくることから、DCI療法では単球を採取してまだ未熟な樹状細胞を用いて治療を行っていく樹状細胞療法となっています。

あきらめずに

がんの患者の調査で、腫瘍の中に樹状細胞がたくさんある人ほど経過が良いことがわかってきています。腫瘍の中の樹状細胞が、T細胞に抗原を伝えているためと考えられています。樹状細胞療法のDCI療法は、樹状細胞を直接がん細胞に注入してやれば樹状細胞が自らがんの細胞を食べて、抗原を提示するのではないかと考えて実施されている、樹状細胞療法になります。より自然な形でがんの抗原を免疫に覚えさせることが可能になっています。DCI療法では、人工的にがんの抗原を樹状細胞に教えるステップがないため、がん抗原が使えない患者でも条件が合えば、この治療法を受けてみることができるのも最大のメリットとなっています。また手術ができない、ほかの治療法で効果が出なかったという人にも治療を行っていくことができます。