初期の癌は治療できる|定期検診・早期発見の大切さ

がん細胞を倒す

看護師

樹状細胞療法の一つであるDCI療法が注目されています。これはがん細胞に直接樹状細胞を注入してやる治療法になります。抗原がない患者でも治療ができ、手術やほかの治療法でも効果が出ないときに使われることもあります。

もっと見る

血栓を作らないように

シニア夫婦

脳梗塞を予防していくためには、動脈硬化の予防をすることと血液の流れをサラサラにすることが大切で、動脈硬化は食生活をはじめとした生活の改善で、血液の状態は摂取する成分で改善をすることが可能になっています。また、定期的な健康診断にも足を運びましょう。

もっと見る

長生きするために

男の人

癌は初期であれば、完全治癒させる事が出来る可能性が高い病気です。癌は初期の段階では自覚症状が出ない場合があり、病気が進行してしまう可能性が高いのですが、検診を受けることで発見される可能性が非常に高くなります。地方自治体などでは男女共に一定の年齢になった段階で検診が受けられるようになっています。利用者にとっては費用などが心配な部分ですが数百円からそれより少し高い金額で出来るので、お金の心配はあまりいりません。女性特有の癌や消化器系や肺などの発病するリスクが高い部位は調べてもらう事が出来ます。初期の段階で発見できれば医療費も治療時間も非常に短くて済みます。検査を行ってくれる病院はたくさんあるので、都合のいい所に行けばいいです。

癌が人間の命を脅かす病気となっている理由の一つは、発見が難しい事にあります。前述のように自覚症状が無いだけでなく、発症する部位によって症状の表れ方が大きく異なります。おなじ癌でも共通の症状は少ないので、予め知識をつけておかなければ発見が難しい病気と言えるでしょう。そのため、重要なのは体の異変に対しアンテナを広げておくことです。例えば、ホクロやイボのような物が大きくなり始めると、皮膚癌の可能性が考えられます。また、便に血が混じったり、白い便が出てきた場合などは大腸癌の恐れがあるので注意しましょう。さらに、女性の場合は胸にしこりが無いかどうかを定期的にチェックすることで、乳癌の発症を防ぐことが出来ます。こういった体の変化を日頃から観察しておき、異変があった場合には速やかに病院へと足を運ぶことが大切なのです。初期の発見なら放射線治療などによって、転移させること無く癌細胞を除去することが出来るでしょう。

睡眠中の無呼吸を解消

睡眠

睡眠中に呼吸が一時的に止まってしまう無呼吸症候群は、いろいろな原因が考えられます。扁桃肥大や肥満がその原因の中でも多く、気道が狭くなるために呼吸がしづらくなってしまうのです。無呼吸症候群を治すには専門の治療が行われているので、ここで原因を確認してからそれに合わせた治療を受けていくことになります。

もっと見る